大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.2 「冠詞のaが意味するもの」

2015年2月2日

Q. I like a dog.(私は犬が好きです。)この英文が不自然なのはなぜですか。

A. まず不定冠詞の「a」の意味を確認してみましょう。不定冠詞「a」は普通名詞で不特定単数の場合に、原則として名詞の前につけなければいけません。例えば、a ship, a chair, a mountain, a chickenなど。この「a」は“ある種類の形のあるもの”という意味を表しますので、I like a dog.では「私は(ある種類の)犬が好きです。」という意味になり、「私は犬が好きです。」のような一般的な“犬”を指し示すことにはなりません。ですから、逆に「私は犬を(一匹)飼っています。」という文ではI have a dog.という文が自然な文章といえます。このような理由から上の英文は、<I like dogs.>と複数形(dogs)を使って表すことで自然な文になります。

また普通名詞を無冠詞でそのまま使用した場合(I like dog.)にはどうでしょう。普通名詞を無冠詞でそのまま使用した場合には、物質名詞や抽象名詞が無冠詞で使用されるのと同様に、普通名詞の抽象化(犬のようなもの)や物質名詞化(犬の肉)という現象が起こり、I like dog.の意味は「私は犬の肉が好きです」ということになりかねませんので、注意が必要です。この好例として次の様な英文があります。

▶ I like a chicken.「私は鶏が(鳥として)好きです。」
▶ I like chicken.「私は鶏肉が好きです。」

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852