大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

センター試験廃止&新テストについて(4)

2015年6月12日

~大学入学希望者学力評価テストは、「教科」の枠組みが変わる~

 

「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」でどの教科が対象となるかは、今後の専門会議で議論されることになっています。

ただ、これまでの「教科」の枠組みは大きく変わることになりそうです。

 

今回の改革プランのもととなった、中教審の答申では、これまでの「教科型」の問題に加えて、「合教科・科目型」「総合型」の問題を組み合わせて出題するとしており、さらに、将来的には「合教科・科目型」「総合型」のみを目指すとしています。

 

2つの新テストについてのまとめ

**********************************************************************

【1】高等学校基礎学力テスト(仮称)

・対象教科・科目は「国語総合」「数学Ⅰ」「世界史」「現代社会」「物理基礎」「コミュニケーション英語Ⅰ」など、

高校の必履修科目。

・出題内容は、従来型テストと同様「知識・技能」重視。

・英語は民間の資格・検定試験などを活用。

・年2回程度実施され、高2~高3で複数回受検可能。

(新テストを受けることを「受検」と呼ぶ。)

・結果は段階別表示によって示され、調査書に記入。

**********************************************************************

【2】大学入学希望者学力評価テスト(仮称)

・評価の中心は「思考力・判断力・表現力」。

・「教科型」「合教科・科目型」「総合型」を組み合わせて出題。

・難易度の高い問題も出題される。

・英語は民間の資格・検定試験などを活用。「読む」「聞く」だけでなく、「書く」「話す」も加えた四技能を評価。

・高3で受検。年複数回実施され、複数回受検可能。

(新テストを受けることを「受検」と呼ぶ。)

・結果は段階別表示によって示され、大学の個別選抜への資格試験的利用も促進。

**********************************************************************

 

成績提供者が「大学及び大学入学希望者に対して」行われるとう点も、塾や予備校に影響が予想されます。

現在のセンター試験では、点数などが本人に知らされることがないため、自己採点の結果を、塾・予備校などが提供する情報に照らし合わせ、最終的な出願大学を決めてきました。

しかし、「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」では、段階表示とはいえ成績が受験者本人にも提供されます。また、実施時期も早くなると考えられるため、塾・予備校による受験者に情報提供サービスも、これまでと違ったものが求められるようになるでしょう。

 

>>>check!<<<

「選抜性の高低にかかわらず多くの大学で活用できるよう、広範囲の難易度とする」ともされており、すべてが難問ばかりというわけではなさそうですが、あす程度の難問が出題されることは間違いなさそうです。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852