大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.21 「out ofとfromの違い」

2015年6月17日

Q. He looked out of the window.とHe looked
from the window.の意味の違いがわかりません。

A. 辞書などではout ofは「中から外へ」でfromは「~から<起点>」と書いてあり、上の英文を日本語に直すとどちらも「彼は窓から(外を)見た。」という意味になって意味の違いが分らなくなります。そこで一つのヒントとして、次のように考えてみてください。原点に返って、両者に対応する言葉を考えてみるとout ofはinto(外から中に)の対義語であり、from ~ は起点を表すということから、含意としてto ~(~まで・~に)“到達点”を意識させる言葉ということになります。ですからlook out of ( the window) は「中から(窓を通して)外を見る」という意味になり、look from the windowは「(地点としての)窓のところから(どこかを)見る」という意味になります。さらに言えば、out of ~ は「~から離れて(of) 外へ(out)」という構造になっていますので、“動きの完結”を表す言葉といえますが、from ~ は上でもふれたように“到達点”を意識させる前置詞ですから、He looked at me from the window.と“fromの到達点”としてのat meなどを挿入するほうが自然ということになります。以上を踏まえて次の例文をご覧ください。
  Ex.1 She went out of the room ( and sat in front of the mirror ).
    「彼女はその部屋の外へ出た(そして鏡の前に座った)。」
  Ex.2 She went from the room ( to the mirror ).
    「彼女はその部屋から(鏡のところへ)行った。」
 Ex.1の英文では、まずは「彼女が部屋を出た」(She…room.)ということが重要なのであり、ここで一旦文は完結することになります。そして必要があれば(and…mirror. )のような形で文を繋げていくということになります。その一方Ex.2のwent fromは部屋を出たことよりも“どこへ向かったのだろう”ということに意識を向けさせる言い方なので、(to…mirror.)がないと文としては不完全さを感じさせることになります。どうでしょう、違いが分かっていただけたでしょうか。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852