大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.30 「関係代名詞と先行詞の冠詞」

2015年8月24日

Q. I’m looking for the ( an ) English book which is easy for me to read.この文で、関係代名詞の先行詞 (English book) につける冠詞として、theとaのどちらが適当なのか分かりません。

A. 関係代名詞節については、まず最初に理解しておかなければいけない二つの機能があります。
①先行詞を「広く限定(グループ分け)する」機能
 Ex.1 This is a house which everyone wants to buy.「これは皆が買いたがる(種類の)家です。」
②先行詞を「特定する」機能
 Ex.2 This is the house which I was looking for.(これは私が探していたその家です。)
 この二つの機能の使い分けによって、先行詞につける冠詞が変わってきます。つまり上の①の場合にはa ( an ) をつけ、その先行詞が限定されたあるグループのなかのどれか一つ「one of the group」を表します。②の場合にはtheを付けることによって、その先行詞が特定されたもの「the only one / ones」を表すことになります。今回の質問の英文の場合、この英文が単独で示されたのであれば、「自分にとって“読みやすい英語の本のグループ”の中のどれか一冊」という意味にとれますので、anを付けるのが適切でしょう。つまり、同じ文でも付ける冠詞によって意味が異なるこということです。
 Ex.3 This is a road which leads to the city.
 「これはその都市に行く道です。)
 Ex.4 This is the road which leads to the city.
 「これはその都市に行く道です。」
上のEx.3 Ex.4の英文を関係代名詞節の二つの機能①②から説明すると次のようになります。まずEx.3を①の「広く限定する」に従って考えると、「この道も、‘その都市へ行く道’と限定されたいくつかの道の中の一つ」ということになりますし、Ex.4は、②の「特定する( the only one )」という考え方に立てば、「この道は、‘その都市へ行く唯一の道’」という可能性もありますし、また「話者と聞き手の間でもうすでに話題になっている共通認識された‘例の’道」という意味にもなりえます。ですから、aを付けるのかtheを付けるかは、“その英語が語られる状況にも大きく影響される”ということも頭に入れておいてく必要があります。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852