大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレコレつまみ食い国語‐古典文法マスターへの道⑳‐

2015年9月16日

2種類以上の敬語を同時に使うときは…

 

尊敬語・謙譲語・丁寧語の役割やそれぞれの単語の意味を理解したところで、

もし「主語」も「目的語」も敬いたいとき、または「主語」も「相手」も敬いたいときは、どうすればよいでしょうか。

その場合は、尊敬語・謙譲語・丁寧語の重ねる順番があります。

 

「謙譲語」→「尊敬語」→「丁寧語」の順です。(KSTと頭文字でおぼえるといいかもしれません)

 

(例)申し給ひはべり。

訳:申し上げなさいました。

申す(謙)→給ふ(尊)→はべり(丁)

 

この順番は尊敬語と丁寧語・謙譲語と尊敬語・尊敬語と丁寧語など2種類になっても同じです。

覚えておきましょう。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852