大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.43 「受動態の条件」

2015年11月23日

Q. ① I heard a song sung by him.“この英文は文法的には正しいが、ネイティブはこういう言い方はしない”と言われました。その理由を教えてください。

A. 理由を説明する前に①の英文の下線部を書き換えて②A song was sung by him.としてみましょう。これはHe sang a song.の受動態として、皆さんも中学生の頃習った受動態への書き換えです。ですから文法的には何の問題もないということになるのですが、実は「実用英語」という観点からすると、②のような受動態の文はまず使うことはありません。それは「受動態が好まれる条件」という点から説明することができます。
 下に、受動態が好まれる3つのケースを挙げてみます。
1. 動作主を表す必要がないか表さない方が良い場合
 Ex.1 English is spoken in Canada.「カナダでは英語が話されている。」
2. 英文の構造上受動態が望ましい場合
 Ex.2 The cat came into the house, but was soon driven out of it.(同一主語)「その猫は家に入ってきたが、すぐにそこを追い出された。」
 Ex.3 This letter was written by my niece who lives in America.(長句の文末移動)「この手紙はアメリカに住む姪によって書かれたものだ。」
3. 新情報を文末へもって行く場合
 Ex.4 This is a very famous painting. It was painted by Picasso. 「これはとても有名な絵画です。ピカソによって描かれました。」
以上受動態が好まれる場合ですが、今回の質問は1~3のどれにも当てはまりません。ただ今回の質問に答えるためには3の「新情報を文末へもってくる場合」に照らし合わせてみる必要があります。英語では、受動態に限らず、新情報は聞き手(読み手)の理解を助けるために文末にもっていくという傾向があります。そこで②の ~ sung by himという言い方ですが、そもそもhimという代名詞は代名詞である以上すでに旧情報ということになるわけですから、あえて文末にもってこなければいけない理由はなにもありません。ですからHe sang a song.からA song was sung by him.への書き換えは実生活では無意味なことだと言うわけです。このことから今回の質問の答えとしては、①の英文も同様にI heard him sing a song.とするべきだということです。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852