大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.48 「no+単数名詞or複数名詞/noとnon」

2015年12月28日

Q. 二つ質問があります。1)① I have no friend.と②I have no friends.ではどちらが正解ですか。2)「禁煙」という意味では① no smokingと② non smokingのどちらが正解ですか。

A. まず1)の質問からお答えします。この質問は「形容詞のno ~(~がない)が可算名詞を修飾する場合、名詞は単数になるのか複数になるのか」というものですが、実は、これにははっきりとした文法的なきまりはありません。つまり後続の名詞を単数にするか複数にするかは、一般的に考えてその名詞の存在が単数である方が適切であれば単数で(Ex.1)、複数が適切ならば複数で(Ex.2)」というのが基本的な考え方です。
 Ex.1 I have no wife.(私には妻はいません。)
 Ex.2 There were no leaves on the tree.(その木には葉が一枚もなかった。)
Ex.1については、日本の妻(wife)は通常一人ですからno wivesでは違和感がありますし、また逆にEx.2のように、木の葉は複数あるのが普通ですからno leafでは何かしっくりときません。この考え方が基本になります。ですから質問1)では②のI have no friends.がベターだということになるでしょう。
次に2)の質問ですが、まず最初に言っておかなければいけないことは、②のnonはnoと違って8品詞の仲間ではなく、接頭辞です。ですからnonsmoking(禁煙の)などのように、単語の一部としての使い方はありますがnon smokingのような2語として綴ることはできません。このnonは名詞についてnonsmoker(タバコを吸わない人)、形容詞についてnonsocial(社交的でない)、副詞についてnonlogically(非論理的に)のように「~ではない」という反対の意味を作る接頭辞として用いられます。もう一度質問にもどりますと、一般的に「禁煙」という場合は①のno smokingが普通です。この場合のnoはNo parking.(駐車禁止)やNo entry.(立入り禁止)などと同じように、“文否定noの省略文”(Ex.3,4,5)としてのnoの使い方です。
 Ex.3 No smoking ( is allowed ).
 Ex.4 No parking ( is allowed ).
 Ex.5 No entry ( is allowed ).
 
ちなみに、形容詞のnoには「文否定」と「語否定」二つの使われ方がありますので辞書でチェックしてみてください。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852