大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.62 「 whenとif 」

2016年4月11日

Q. 「彼が来たら、私の住所をおしえてやってください」このような文を英語に直す時Ifを使うべきか(①If he comes, tell him my address.)、Whenを使うべきなのか(②When he comes, tell him my address.)、いつも迷ってしまいます。どちらを使うべきなのか教えてください。

A. まず基本をしっかり理解しておきましょう。“推論”や“不確定な未来”に関してはwhenが使えません。ですから仮定法でない条件節(もし~ならば)のifと、whenは使用する場面がそもそも違うということになります。とはいうものの、Qで示された①と②の英文については、表す文の内容に微妙な違いはあるものの、両方とも成り立ってしまいます。つまり①のifを使った場合には、「彼が来る可能性は五分五分」というようなニュアンスで、「(彼は来るか来ないか分からないけれど)もし来たら」という意味になり、一方②のwhenを使うと「(彼は確実に来るので)来た時には」という“確定した未来”を表すことになります。ですからこのケースでのwhenとifの使用には、はっきりとした使い分けが必要です。もうすこし分かり易い例文で説明しましょう。
 Ex.1 If [ ×When ] it rains tomorrow, the game will be postponed.(もし明日雨が降ったら、試合は延期です)
 Ex.2 When [×if ] you are ready to order, press the bell.(もし注文が決りましたら、ベルを押してください)
Ex.1 は“推測”でしかも“不確定な未来”の条件節なので、Whenで代用はできません。逆にEx.2は、“注文というのはいずれ決めなければいけないこと “確定した未来”と考えられますのでifでは代用できません。これが今回の質問のifとwhenを使用する時の基本的な考え方です。
 しかし厄介なことに、上で述べた基本は基本として、実はif = whenのようなケースもあるので、それについて少しふれておきます。
 Ex.3 If [ When ] you heat ice, it melts.(氷は暖めると溶ける)
 Ex.4 If [ When ] the summer comes, my family all become early risers. (夏が来ると、私の家族は皆早起きになる)
上のような場合にはwhenでもifでも、どちらでも使用できます。つまり(Ex.1)は「自然のなりゆきを表す場合」で(Ex.2)が「習慣としていることを表す場合」です。こんなこともありますが、これは「付け足し」程度に覚えておくのがよいでしょう。あくまでも基本が大切です。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852