大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.63 「 used toとwas ( were ) 」

2016年4月18日

Q. ①He is not what he used to be.と②He is not what he was.の違いはありますか。

A. ここで示された①と②に関してだけ言えばほぼ同じ意味だと考えてもよいと思います。意味としては「彼は以前の彼ではない」。
ただ「used to ~」と「単なる過去形」の違いについてはしっかり理解しておく必要がありますので少し解説させていただきます。それは②のwasが「単なる過去」を表しているのに対して、①のused to be ~ は「かつて~だった」という“過去の状態”を表すばかりでなく、現在と過去を対比してand ( but ) now ~(でも今は~だ)を念頭に置いた言い方だということです。
 Ex.1 ( Tom was shy. ) He is not what he used to be, and now he is very positive.
    「(トムはとても内気だった)彼は以前の彼ではない。今やとても積極的だ。」
今回の質問は、要するに一言で言えば、“used toとwas ( were ) の違い”ということになりますので、それについてもう少し考えてみます。
 Ex.2 He used to be happy, but is now in the depths of misery. 「彼は昔は幸せだった、でも今は不幸のどん底にある」
 Ex.3 He was happy and is still happy now.「彼は幸せだったし、今も幸せだ」
上のEx.2では、~, but is now …(でも今は…)という形で“過去と今は違う”ということを強調しますが、Ex.3ではShe was, is, and will be happy.と現在もhappyであり、過去と現在を“対比”してはいませんし、これから先、未来もhappyであることも充分考えられます。このような時にこそwas(過去)で表現すれば良いわけです。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852