大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.71 「a ten minutes’ walkとan hours’ walk」

2016年6月13日

Q. ①It is an hour’s walk.(歩いて1時間です)
②It is (a) ten minutes’ walk.(歩いて10分です)
②のaは省略できるのに①のanは省略できないのはどうしてですか。

A. 今回の答えのヒントは「それぞれのaとanがどの語句を修飾しているか」というところにあります。つまり①のanはhour(’s)を修飾してan [one] hour(’s)「1時間(の)」を表すものなので、省略はできないということです。一方②のaはfive minutes’ walkを一つの塊として見ているかそうでないかで、付けることも省略することもできるということになります。要は、この二つのa(an)をそれぞれ別の視点で考える必要があるということです。
 次に、②の英文の「aの省略」について少し考えてみたいと思います。まず①の英文を「歩いて2時間です」と変えて、anをtwoに代えてみます。すると次のような二つの英文が成り立ちます。
 Ex,1 It is two hours’ walk.
 Ex.2 It is a two hours’ walk.
この二つの文が成り立つのは次のような理由です。つまり、two hours’を所有格と考えればEx.1のようになり、two hours’ walkを一つの塊と考えればEx.2のようにaを付けることになるということです。Ex.1(aを付けない場合)についてもう少し分かり易く説明しますと、Ex.1のtwo hours’を“my shoes”や“your house”と言う時のmyやyourと同様に所有格と考えれば、その前にa(an)をつけて、a my shoesやa your houseとは言わないのと同じだということだとお分かりになると思います。
 一方、次のような英文もありますので気をつけてください。
 Ex.3 It is a two-hour walk.(歩いて2時間です)
この場合にはaは必ず付きます。省略はできません。理由はEx.1の場合とは違って、two-hourは所有格ではなく形容詞としてwalkを修飾することになるからです。例えばsnowを heavy が修飾する場合、a heavy snowと、必ずaが付くのと同じ理屈です。
 いづれにしても、①やEx.2のケースでaを付けるか付けないかはあなた次第ということになるのですが、私個としては、つけない方が自然な気もします。

 

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852