大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.81「more ~ とmany more~」

2016年8月29日

Q. ① I have more pencils than you. ② I have many more pencils than you.
上の①と②を比べた時、②のmanyの役割がよく分かりません。単なる強調と考えても良い
ものでしょうか。

A. このmanyは強調ではありません。例えば「私はあなたより2本多く鉛筆をもっています」という意味の英文を考えてみてください。
 Ex.1 I have two more pencils than you.
この英文からもわかるように、質問のmanyはEx.1のtwoを、漠然とした多さを表す「さらに多くの(many)」という言い方に変えたものだと考えてください。ですからthree more pencils、four more pencilsの延長線上にあるものだということです。
 またこれと関連してmany more ~に対してmuch more ~という言い方がありますが、意外と多くの生徒さんが余り注意を払わないところなので、注意喚起のために触れておきますと、many moreが「可算名詞」に対して使用するのに対して、このmuch moreは以下のように「不可算名詞」に使うということもこの機会に併せて覚えておいてください。
 Ex.2 We have much more information than before.「私たちは以前よりより多くの情報を持っている」
このようなmany moreとmuch moreの使い方の説明としてよく使われるpossibility(可算・不可算両方の使い方がある)の例文を下に挙げておきます。
「私たちは以前よりも留学する機会ははるかに多い」
 Ex.3 We have many more opportunities to study abroad than before.(可算名詞)
 Ex.4 We have much more opportunity to study abroad than before. (不可算名詞)
つまりEx.3ではmany ~ opportunitiesと可算名詞(複数)で表し、Ex.4ではmuch ~ opportunityと不可算名詞(単数)で表しています。このようなmany、muchの使い分けにも注意してください。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852