大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.85「sometimeとsome time」

2016年9月26日

Q. ① Let’s have dinner together sometime next week.のsometimeをsome timeに置き換えることができると言われましたが、sometimeとsome timeは同じものと考えてもいいのでしょうか。

A. まず基本からしっかりと理解することが大切です。sometimeの基本になる意味は「いつの日か(one day)」ということで、時にはsome timeと2語で綴ってもいいということになっています。
 Ex.1 The temple was built sometime around 1700. = The temple was built some time around 1700.
「その寺は1700年ごろに建てられた」
一方、some timeは本来「かなり長い間(quite a lot of time)」の意味を表します。
  Ex.2 I’m afraid it’ll take some time to repair your car.
  Ex.3 ×I’m afraid it’ll take sometime to repair your car.
この場合、逆にEx.3のようにsome timeをsometimeと1語で綴ることはできません。
  
結論としてsometimeは“ある日・ある時”という意味を表し、今回の質問のようにsome timeと2語で綴ることもありますが、一方「長い間」を意味するsome timeは、sometimeのように一語では綴ることはできないということです。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852