大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.124「in spite ofとwith all」

2017年7月17日

Q. With allの意味として「~にも関わらず」があって「大雨にも関わらず、彼女は学校へ行った」を ①With all the heavy rain, she went to school yesterday.としたところ、With allをIn spite ofに直されました。その理由を教えてください。

A.まず、「~にも関わらず」というときには二つの意味を考えなければなりません。
 Ex.1 In spite of its faults, this is still the best system we have.「欠点はあるものの、これは依然として最良のシステムだ」
 Ex.2 In spite of his age, he is very active.「彼は年にもかかわらずとても活動的だ」
二つの意味とは、まずEx.1のように「~を持っている(ある)にもかかわらず」という意味が一つと、もう一つはEx.2のような「~が事実であるにもかかわらず」という二つの意味です。With allが使えるのはEx.1のような「~を持っている(ある)にもかかわらず」という場合です。
 Ex.3 With all the problems, I love my job.「面倒なことはあるけど、私は自分の仕事が好きだ」
このような観点から考えて質問文①ではWith allは使えないということです。
 また「~にもかかわらず」という意味を持つ前置詞句を調べてみると、in spite ofやwith allの他に、despite、for all、regardless ofなどがありますが、使われ方の頻度の差こそありますが、with all以外は上の二つのどちらの意味にも使用できるということも付け加えておきます。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852