大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.134「next ~とthe next ~」

2017年10月23日

Q. ① I would like to start planning for next year.と② I would like to start planning for the next year.①と②のどちらが正しいのでしょうか。

A.①と②は両方とも正しいと言えますが、意味が異なります。基本的な考え方から言いますと、theの付かないnext~が現在を基点として使われた場合には、next yearは単に「来年」を指すことになりますが、theを付けてthe next yearとすると「今日からこの1年間」を指すことになります。ですから①の意味は「私はそろそろ来年の計画を立てたいと思っています」となり、②は「私はそろそろここ1年の計画を立てたいと思っています」ということになります。つまり、例えば今年が2017年ならばnext yearは2018年を表わし、一方the next yearは2017年の今日からの1年間を指すこということです。
これはnext weekとthe next weekについても言えることです。
 Ex.1 I’ll be busy next week.「私は来週忙しい」
 Ex.2 I’ll be busy for the next week.「私はここ1週間は忙しい」
ただ過去や未来の一時点を基準にしたときには、the next ~と必ずtheをつけて「次の~」という意味になります
 Ex.3 The next week (×Next week) we went fishing.「次の週、私達は釣りに行った」
またnextは元々古くはneah「近くに」という古英語の「最上級」を語源としていますのでnextが「名詞句」として使われるときには基本的にはtheを伴うと考えてもよいと思います。
 Ex.4 I had to wait twenty minutes for the next bus.「私は次のバスまで20分またなければならなかった」
ただ次の例文のように、nextを伴う「名詞句」が「副詞」として使用される場合には、theをつけないというのが原則です。
 Ex.4 The famous pianist lives next door.「その有名なピアニストは隣に住んでいる」
 Ex.5 Next time I’m born, I want to be a pilot.「次に生れてくるときには、パイロットになりたい」
以上はnextについてでしたが、lastについても、“時間的方向性が反対”という違いはありますが、同様のことが言えると思います。是非確認してみてください。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852