大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.135「forとduringとin」

2017年10月16日

Q. ① The store is open for the summer. ② The store is open during the summer. ③The store is open in the summer.この三つは同じ意味だと考えてもいいのでしょうか。

A.まずduringとforの違いから説明しましょう。DuringはWhen ~?という疑問文に対応する機能語で、forはHow long ~?に対応する機能語だと考えてみてください。つまりduringは特定の期間(Ex.1)、forは不特定の期間(Ex.2)を伴うということになります。ただし、past, next, lastなどや序数詞で限定された期間を伴う場合(Ex.3)にはduringだけでなくinもforも使うことが出来ます。またduringとinについては、特定の一定時間内にあることが生じる時(Ex.4)には同じように使うことができます。
 Ex.1 I’m usually out during the day.「私はたいてい昼間はそとにでています」
 Ex.2 I have been here for six months.「私は六ヶ月ここにいます」
 Ex.3 The population has doubled during [ in, for ] the last five years.「人口は過去5年間で倍増した」
 Ex.4 We woke up during (in) the night.「私達は夜中に目を覚ました」
以上forとduringとinの基本的な使われ方ですが、あらためて今回の質問を見てみましょう。②と③はよく見かける普通の文で、「その店は、夏の間は開いています」という意味で、ほぼ同じと考えても良いと思います。しかし①についてはちょっとニュアンスが違ってきます。上でも言ったように、期間のforは、Ex.3 の場合を除けば、原則として特定の期間を伴うことはありませんので、このforは「~のために」と考えた方が自然です。ですから「その店は(その)夏(のために)開きます」という「(その)夏が特別な時期」であることを意味しているということになるでしょう。
 最後に、特別な例として「期間全体を強調したい時」には、次のように普通duringが使われることもあるということを付け加えておきます。
 Ex.5 The shop is closed during the whole of August.「その店は8月中は閉まっている」
 いずれにしても、まずは基本からマスターしていきましょう。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852