大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.140「be ~ing / be going to 」

2017年11月29日

Q. 「来週ちょっとした誕生会をやるつもりです」を英語にした場合、①と②のどちらがいいでしょうか。
① I’m having a small birthday party next week. ② I’m going to have a small birthday party next week.

A.この場合は、どういう状況でこの言葉が言われているのかわからないので、両方とも可能だと思います。ただ①と②では使われる状況が異なってきます。具体的に言うと、①はもう計画が始まっていて既に皆に通知して準備が進行しているような場合で、一方②は来週誕生会をすることは気持ちの中では決めていてこれから準備にとりかかろうという状況です。
当然willを使った次のような言い方もあります。
 Ex.1 I’ll have a small birthday party next week.
ただこれは、本シリーズNo.32でもふれましたが、その場の決断、つまり“未来への即断”を表わすwillということで「来週ちょっとした誕生会をしようかな」とその場での思いつきで発したような言葉ということになります。
 ここで注意点を一つ挙げておきますと、①のように現在進行形(be ~ing)で未来を表わす表現は、あくまでも行事や行動などの予定や計画を表わすものであって、次のような予測は表現できません。
 Ex.2 ×It is raining tomorrow.(⇒○It is going to rain tomorrow.)「明日は雨になりそうだ」
意図・予定を表わすbe ~ing・be going to・willについては、少し細かくはなるものの、①、②、Ex.1のような“状況によっての使い分けがある”ということは知識として持っておく必要があると思います。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852