大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.153「compare A to (with) B」

2018年3月5日

Q. 「私は自分の訳したものと原文を比べてみた」を英語にする時compare…to ~とcompare…with ~のどちらを使ったらよいでしょうか。辞書をみても[ compare A with B / A to B]のように出ているのですが、違いはありますか。

A.結論から言いますと、どちらを使っても良いと思います。ただ基本的な使い方を知っておいて損はないと思いますので、簡単に説明しておきましょう。
 まず「AとBを比べる」という時にはcompare A with Bを使うのが一般的です。
 Ex.1 Compare your answers with those of your classmates.「自分の答えをクラスメートのものと比べてみなさい」
次にcompare A to Bですが、これは「AをBにたとえる」という時に使うのが一般的です。
 Ex.2 We often compare life to a voyage.「我々はしばしば人生を航海にたとえる」
以上が基本的な使い方ですが、頻度的にもこのルールが当てはまります。ただ今では「AとBを比べる」「AをBにたとえる」の両方の意味でA to BとA with Bのどちらも使われているのも事実です。
 もともとcompareは比較するという意味で、compare A with Bが「相違点を見出して比べる」でcompare A to Bは「類似点を見出して比べる」という意味合いの違いからスタートしています。ですからcompare A to B「AとBの類似点を見出して比べる」⇒「AとBが似ている」⇒「AをBにたとえる」という流れになったと考えられます。こういった語源的知識も基本的な使い方を覚える上で大いに役立つものですので、是非覚えておいてください。
 ちなみに今回の質問の日本語を英語に直すと次のようにするのが良いでしょう。
 I compared my translation with the original.

 

まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-428-852
  • メールでのお問い合わせ