大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.158「A and B / A or B」

2018年4月9日

Q. 「最近は子供達でさえコンピュータやタブレットは持っている」を英語にする場合、① Even children have a computer and a tablet these days. ② Even children have a computer or a tablet these days .
①のandと②のorでは、どちらが正解でしょうか。

A.一般的には②の方が良いでしょう。現実的にはandもorも同じ意味で使用されているケースも多いことは事実ですが、ここでは原則的な決まりごとについてお話ししたいと思います。
 まず①のA and Bについてですが、これは数学でいうところの「十分条件」であり、Aも持っているし同時にBも持っている、つまり両方を持っているというのがandを使う条件ということになります。ですから①英文の意味は「最近は子供でさえもコンピュータとタブレット両方を持っている」というのが本来の意味です。
一方②のA or Bは、数学でいうところの「必要条件」の考え方、つまり最低ABのどちらかは持っている場合を指します。ただ意外と見落とされがちなのは、これにはAB両方を持っている場合も含まれるということがあります。ということで②の意味は「最近は子供でさえも、最低コンピュータかタブレットのどちらかは持っている(両方持っている場合もある)」ということです。
 ではどちらか一方しか持っていない場合はどう表したか、
 Ex.1 Even children have either a computer or a tablet these days.
  「最近は子供でさえもコンピュータやタブレットのどちらかを持っている」
このように表したはずです。では否定文(どちらも持っていない)はどうでしょう。
 Ex.2 Even children don’t have a computer or a tablet these days.
 Ex.3 Even children don’t have either a computer or a tablet these days.
 Ex.4 ×Even children don’t have a computer and a tablet these days.
Ex.2とEx.3はどちらも同じ意味で「最近は子供でさえコンピュータもタブレットもどちらも持っていない」となりますが、意外と有りそうで無いのがEx.4の文です。これは不可、要注意です。
 以上orとandの違いです。最後にもう一度繰り返しますが、A or Bでは「ABの両方を含む場合もある」ということはしっかり頭に入れておいてください。

 

まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-428-852
  • メールでのお問い合わせ