大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.161「asとwhen」

2018年5月7日

Q. ① As (When) he lay on the sofa, there was a loud knock at the door.
①の英文でAsとWhenは入れ替えることができますか。

A.当然、文法的には置き換えられます。ただし意味が多少異なってくるということは理解しておいてください。
 というのは、asはもともとある行為が別の行為と同時に進行する場合に使われるものです。これを「同時性が強い」といいます。これに対してwhen ~は主節との“独立性”が高く、after ~(~してから)に近い意味になります。ですからasを使った場合には「彼がソファーに横になると同時にだれかがドアをうるさく叩いた」となりますし、whenであれば「彼がソファーに横になると(横になった後)、だれかがドアをうるさく叩いた」となります。ただwhenの英文でも次のようにすれば、asを使った英文と同じになります。
 Ex.1 When he was lying on the sofa, there was a loud knock at the door.
ただ、次のような意味の文ではasは使えません。
 Ex.2 I’ll call you when I’ve finished the work.「仕事を終えたらお電話します」
これは「電話する行為」と「仕事を終える行為」が同時に成り立たない、それぞれが独立した行為であることがその理由です。このように「時」を表わすasとwhenにはいくつかの基本的ルールがあり、Ex.1のような形では置き換えも可能だったりするわけですが、次の英文のwhenのように「時期」を表わす時にはasは使用できないので注意が必要です。
 Ex.2 When (×As) I was a child, I would often go swimming in the river.
 「私は子供の頃よくその川に泳ぎに行ったものだ」
このような時期や年齢を指す時にはasではなくwhenが使われます。ですからAs I was a childとすると「子供だった時」ではなく「子供だったので」という理由を表わすことになってしまいます。ちなみに、これは「前置詞」asを使った成句“as a child(子供の頃)”とは無関係だということも言っておきます。

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-428-852
  • メールでのお問い合わせ