大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.174「形容詞の後置修飾」

2018年8月6日

Q. 先日予備校の授業で「the best plan possible」でpossibleの位置に注意と言われたのですが、どういう時にpossible(あるは形容詞?)が後ろに置かれるのでしょうか。あるいはこれはpossibleに限ったことなのでしょうか。

A.名詞の後ろに置かれる形容詞は、「慣用的なもの」の他に、「強意的なもの」、あるいは「関係代名詞+be動詞の省略」と考えてもよいものとがあります。
1)「慣用的なもの」
① -thing, -body, -oneで終わる複合形の不定代名詞
 Ex.1 Nothing strange happened.「何も変わったことは起こらなかった」
② 慣用句的なもの ( those present:出席者/the sum total:総計、など)
 Ex.2 The ambassador was among those present.「その大使も出席者の中にいた」
2)「強意的表すもの」
これには-able, -ibleで終わる形容詞がall, any, everyや最上級を伴う名詞の後に来るものがあります。
 Ex.3 This is the latest information available for now.「これはとりあえず入手できる最新の情報です」
今回の質問もこれに当たりますが、実はthe best possible planとしても問題はありません。これは後に置くことによって強意を表わしているというだけのことです。なお、名詞の後に置いて強意を表わす形容詞の傾向としては「性質や状態の一時性を表わすもの(cold, sick, alive, polite, etc.) 」がほとんどです。
  Ex.4 I like my coffee cold [cold coffee].「私は冷たいコーヒーがいいです」
3)「関係代名詞+be動詞」の省略と考えられるも
これには、いわゆる「後置修飾型形容詞」、特に叙述用法のみで使われる<a+形容詞>型の形容詞(asleep, alive, alike, alone, etc.)の多くはがこの形に当てはまります。例えば上のEx.3の英文は次のように書き変えることもできます。
  Ex.5 This is the latest information which is available.
その他よく見かけるものとして次のようなもがあります。
  Ex.6 Who is the greatest man ( who is ) alive?「今生きている人の中で一番偉大な人は誰ですか」
  Ex.7 Don’t disturb a man ( who is ) asleep.「寝ている人のじゃまはしてはいけない」
ただ、形容詞の後置修飾については、形容詞の「副詞的な用法」という考え方もあるので「上のルールが全てではない」ということも付け加えて置きます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-428-852
  • メールでのお問い合わせ