大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

0120-05-1859

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.176「be worried aboutと don’t worry about」

2018年8月27日

Q. 「私は試験が心配です」I’m worried about the exam.に対して「心配するな」Don’t worry about it.となりますが、Don’t be worried about it.とならないのはなぜでしょうか。

A.「Don’t be worried about it.とならない」とありますが、これも有り得る表現です。ただあまり使う場面がないというだけでしょう。これを理解するには、worry aboutとbe worried aboutの違いについて知る必要があります。まずこの2つの使い分けについて見てみましょう。
 Ex.1 I worry about people watching.「私は人の視線が気になる」
 Ex.2 I’m worried about his future.「私は彼の将来が心配だ」
worry about (Ex.1)は“過去も現在も未来も気になる(心配している)”という恒常的な意味で使用し、一方be worried about (Ex.2) は“今現在、彼の将来を気にかけている”という現在の状態を表す時に使用します。ですからEx.2は次のように書き換えることができます。
 Ex.3 I’m worrying about his future.
ここから分かることは、worryを自動詞として使用する(Ex.1)ことで恒常的(習慣的)な意味を持つということ、ですかからDon’t worry.の意味は「今もこれからも心配いらないよ」という “励まし”のフレーズになるということです。ですから、一時的な「心配いらない」であればDon’t be worried.ということもあり得るということです。
 Ex.4 Don’t be worried when you don’t understand what he says.「彼が言っていることが分からなくても心配いらない」
ちなみに言っておきますと、worryのような「感情動詞」で自動詞の意味も持っている動詞(delight, please, tireなど)でも、同様な使い方をします。
 Ex.5 People delight in using the faculties they have been given.「人は与えられた能力を使うことに喜びを感じる」
 Ex.6 I’m delighted to know of your success.「私は君の成功を知っていれしく思う」
本シリーズNo.4でも書きましたが、動詞の現在形は“習慣的にある行為が行われる”ことを表わしますので、worry aboutはそういった側面からも説明され得るものだと思います。

 

まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-05-185903-5459-1852
  • メールでのお問い合わせ