大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

0120-05-1859

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入試英語「目からウロコ」クイズ1 (本日より1年限定の”月曜ロバミミ”新企画です)

2019年3月4日

Q. 次の(   )に当てはまる語を入れてください。

① I work part-time at a coffee shop (   ) Shibuya.
「私は渋谷の喫茶店でバイトしています」

② I’m reading a book (   ) Haruki Murakami.
 「私は村上春樹の本を読んでいる」

A. ☰解説☰
初回は前置詞「~の」の意味で使うof以外の前置詞についてのクイズです。
我々日本人の多くが“「~の」の英語に当たる前置詞は”と聞かれて、まず頭に浮かぶのがofだと思います。しかしofでは表せないケースも頻繁に出てきます。では上の①でofを入れてしまった人のために、「所在」のofが使えるケースについて考えてみます。次の例文を見てください。
 Ex.1. I live in the capital of Japan.
 Ex.2. He has been to Central park of New York City.
ここでのofが「所在」を表す時のofの使い方ですが、「所在」のofが使えるのは、上のEx.1のように地域が何らかの形で所轄権を持っている場合とか、Ex.2のようにその地域にその物が一つしかないような場合に限られるということを知っておかなければなりません。このことを念頭に①の英文を見てみましょう。ここでは「a coffee shopが渋谷という“地域の中にある”」という“一般的な意味の所在”を表す「~の」です。こういう場合には「位置」を表すinを使うのが適当です。
次に②はどうでしょうか。これも「~の」ではありますが、もしofを入れてしまうとどうなるか。可能性としては「村上春樹に関する」という意味に受け取られるのが一番ありうることだと思います。では何を入れたらいいのか。この英文は次のように考えると分かり易くなります。
Ex.3 I’m reading a book (written) by Haruki Murakami.
このように「~の」を表す前置詞を考えるときには、動詞を補って考えるとしっくりくることが多いと思います。

【解答】 ① in ② by

 

まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-05-185903-5459-1852
  • メールでのお問い合わせ