大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

0120-05-1859

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入試英語“目からウロコ”クイズ15

2019年7月2日

Q.次の①②の英語を日本語に直してみてください。 ① Like Shinya, I can’t speak Chinese. ② I can’t speak Chinese like Shinya. ☰解説☰   今回はlike ~(~のように)の修飾についてのクイズです。 上の二つのlikeはどちらも「~のように」という意味の前置詞です。問題は、使い方として、このlike Shinyaが副詞句として何を修飾しているのかということです。①のlike Shinyaは文頭にでて、コンマで区切られているということは文修飾になっているということです。ですから「シンヤと同様に、わたしは中国語が話せない」という意味になります。一方②は語(動詞)修飾として「私はシンヤのようには英語がはなせない」という意味になり、Unlike Shinya, I can’t speak Chinese.ということです。 次に、例文を使ってもう一度確認してみましょう。  Ex.1 Like many Japanese, he is not so friendly.  Ex.2 He is not friendly like many Americans. Ex.1のLike many Japaneseは文全体を修飾することになりますから、 <Like many Japanese(多くの日本人と同じ)=he is not so friendly( 彼がそれほど気さくではない)> このような関係が成り立ち、「多くの日本人と同様に、彼はそれほど気さくではない。」となります。 一方Ex.2では、 <he is not ( friendly like many Americans ).>「彼には(多くのアメリカ人のようなフレンドリーさは)ない。」 動詞修飾の場合にはこのように( )の中を一まとまりと考えると分かり易いと思います。 結論的には「前置詞likeは否定表現の文頭、文尾で意味が異なる」ということになります。ただし、これはネイティブも紛らわしく感じるようで、①②の英文のかわりに次のように言うのが普通です。 ①⇒Shinya can’t speak Chinese. And I can’t either.  ②⇒I can’t speak Chinese. But Shinya can speak Chinese. 【解答】 ① シンヤと同様に、わたしは中国語が話せない。 ② 私はシンヤのようには英語が話せない。

まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-05-185903-5459-1852
  • メールでのお問い合わせ