大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

0120-05-1859

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入試英語“目からウロコ”クイズ29 

2019年11月25日

Q.次の英文①と②を、違いが分かるように日本語に直してください。
 ① I suppose that’s the best way.
 ② I think that’s the best way.  

☰解説☰
今回はthinkとsupposeの使われる状況の違いについてのクイズです。
まず覚えておかなければいけないことは、両者とも「~だと思う」という意味ではありますが、自分の意見を述べる時にはsupposeは使わないということ。つまりsupposeは自分の意見というよりも「周りの状況や流れからそうだろうと考える」とか「少し確信は持てないけれどそう思う」という時に使うものだと考えるとしっくりします。ですから上の英文①の意味は「(状況からして)それが一番良い方法でしょうね。」となり、英文②の意味は「(私の意見として)それが一番良い方法だと思う。」ということです。
 またsupposeにはbe supposed to ~(~することになっている)という使い方がありますが、これはsupposeの特徴をよく表しています。これは似た表現のbe going to ~と比較するとさらに違いがはっきりします。be going to ~が「確実に~することに向かっている」という意味であるのに対して、be supposed to ~は「状況として~することにはなっているけれど、どうなんだろう?」というふうに実際は「~しない」可能性をも含む表現になります。以下例文で確認してください。
  Ex.1 She is supposed to be here at nine.
  「彼女はここに9時に来ることになっています(でも来るかなあ~)」
  Ex.2 She is going to be here at nine.
  「彼女はここに9時にくる予定です(きっと来る)」

【解答例】 
① それが最善の方法でしょうね。
 ② それが最善の方法だと私は思います。

まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-05-185903-5459-1852
  • メールでのお問い合わせ