大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

0120-05-1859

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水曜日のロバ耳⑥

2021年5月19日

先週に引き続き、受験には直ぐに役立たないかもしれないけど、受験に必要な「ロジカルシンキング=論理的思考力」を養うための問題、川渡り算の第二弾です。

その前に前回の回答を!

トラ(A, a) ・ライオン(B, b)・ヒョウ(C, c) の3組の親子が、舟で川を渡ろうとしている。
舟は1艘(そう)しかないが、1度に2匹まで乗ることができ、
またどの動物も舟を漕(こ)ぐことが可能である。
ただし、親子同士でない成獣(親)と幼獣(子)が同じ場所におり、
かつその子の親が近くにいない場合、子は食べられてしまう。
さて、全員が無事に川を渡り切るにはどうすればよいだろうか?

解答例

①A,aが行く ②Aが戻る ③b,cが行く ④aが戻る ⑤B,Cが行く ⑥B,bが戻る ⑦A,Bが行く

⑧cが戻る (この時点で親は向こう岸に子どもと舟は手前の岸という状況)

⑨abが行く ⑩aが戻る ⑪a,cが行く   (終了)

できましたか?

それでは今週の問題を!

「ある家族が、舟で川を渡ろうとしている。
家族は父(A)、母(B)、長男(a1)、次男(a2)、長女(b1)、次女(b2)、お手伝いさん(C)、狼(★)の
8人(狼も1人と数える)であり、
舟は1艘(そう)しかないが、1度に2人まで乗ることができる。
また、舟を漕(こ)げるのは父、母、お手伝いさんの大人3人だけである。」

さて、全員が無事に川を渡り切るには、どうすればよいだろうか?

まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-05-185903-5459-1852
  • メールでのお問い合わせ