大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

0120-05-1859

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3進法で考える

2021年8月18日

 先週、2進法で考える問題をやりました。でもよくはわからない。では3進法を使う場合はどんな時なのだろう? 「10本のジュースが入った瓶の中に1本のaサプリ入りのジュースと1本のbサプリ入りの瓶がある。どの瓶にaサプリが入っていて、どの瓶にbサプリが入っているのかを見分けたい。変身願望の強いネズミを何匹か(最小数)利用してどの瓶にそれぞれのサプリが入っているのかを見分ける方法を示す。ただしaサプリ入りのジュースを飲んだネズミは10時間後には顔が猫に変わり、bサプリ入りのジュースを飲んだネズミは10時間後には顔から下が牛に変わるものとし、ジュースはすべて同時に飲むものとする。」 👆 このような問題の時に利用するのかと思うのです。 1⃣・・・0001  2⃣・・・0002  3⃣・・・0010  4⃣・・・0011  5⃣・・・0012  6⃣・・・0020  7⃣・・・0021  8⃣・・・0022  9⃣・・・00100 🔟・・・0101   👆に示したのは 10進法の1から10までの数を3進法に書き換えたもの。結論からいうと5匹のネズミを使うのでしょう 下1桁目が1の瓶(1⃣ 4⃣ 7⃣)をAが飲む  下1桁目が2の瓶(2⃣ 5⃣ 8⃣)をBが飲む 下2桁目が1の瓶(3⃣ 4⃣ 5⃣)をCが飲む 下2桁目が2の瓶(6⃣ 7⃣ 8⃣)をDが飲む 下3桁目が1の瓶(9⃣ 🔟)をEが飲む 例えばAの顔だけが猫になって身体が牛になったとして Dも身体が牛になれば7⃣にCの身体が牛になったら4⃣にbサプリが入っていたということ。もちろんaサプリは1⃣です。
まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-05-185903-5459-1852
  • メールでのお問い合わせ