大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

0120-05-1859

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「1、1、8、5 を四則演算で10にする」の答えはコチラ

2020年3月17日

  • カテゴリー:NEWS
【解答・解説】 誰でも最初に思いつく 「10」にする計算は、5×2 = 10 ですね。 「5]はすでにあるのですが、「2」がないので、残り「1,1,8」でから「2」を作れないか考えます……が無理なのです。   そこで上手い方法があります。1÷5 = 1/5 という分数を使うのです。 次に、1-1/5 = 4/5 最後に、8÷4/5 = 8×5/4 = 2×5 = 10 (証明終り)
まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-05-185903-5459-1852
  • メールでのお問い合わせ