大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

0120-05-1859

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語”意外と落とし穴”シリーズ No.2

2021年4月12日

  • カテゴリー:NEWS

◇次の(  )の中に入いるのはmay, canのどちらでしょう。

1. Such accidents (     ) happen from time to time.

 「そのような事故は時々起こる」

2. It’s getting cloudy; it (     ) begin to rain soon.  

「曇ってきた。たぶんじきに雨が降り出すだろう」

正解:1. can  2. may

解説:これは「可能性」を表すmayとcanの使い方です。mayは「そうなるかもしれないし、ならないかもしれない」という可能性が五分五分の時につかわれます。一方、canは「そうことも理論上ありうる」という時に使い、普通は好ましくないことに使われます。

まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-05-185903-5459-1852
  • メールでのお問い合わせ