大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チューター・SA紹介

松村 慧奈

Keina Matsumura

東京工業大学 生命理工学部 生命工学科 

女子学院高校

生徒の指導の際に意識・工夫していること

理解につまずく部分は出来るだけ簡単な具体例から順にたくさん問題を出して、生徒さんと会話をしながら解いていくようにしています。イメージをつかみやすいように身近な例や常識的にわかるレベルまで次元を下げられないか考えながらやっています。生徒さんとなるべく色々な話しをしてその人のイメージを掴み、気軽に話せる雰囲気が作れるといいなー

 

受験生時代のエピソード

高3の時はとにかく学校が楽しかった!勉強以外にやることがないのでいかに楽しく飽きないように過ごすかに神経を使っていました(笑)私の場合は家だと全然勉強が出来なかったので勉強は学校で友人と自習するか、塾や地域の図書館でやって家では何もしないと決めていました。「目標を達成したら帰る」と決めてやると達成感もあるし帰ってからは遊んでも寝ても好きに過ごせるしメリハリがついて良かったです。ただ家族には勉強している姿を全く見せていなかったのでよく怒られました(これはちょっと辛かった)。

 

今の大学生活について

色んな人(おそらくオタク方面など多岐にわたる人種)がいて面白いです。東工大は偏った大学で総合大学の多様性はありませんが色々なタイプの‘天才’には会えます(笑)
理系ですが私の学部の場合は自由に使える時間が3年生までは結構あります。色んな人たちと会うために積極的に何かに参加することをオススメします。

 

将来の夢について

考えさせてください・・・

 

受験生に向けての応援メッセージ

自分なりの最大限で努力すればあとは縁のある大学に行くことになると思います。人生の分岐点ではありますがどの道に進んでも自分次第で何でも出来ることには変わりないので思い込み過ぎず思いつめすぎず現状を楽しみましょう!どこと縁があってどんな風に過ごすのか未来が楽しみですねー

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852