大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チューター・SA紹介

松竹 理匠

Takumi Matsutake

東京大学 工学部 機会情報工学科

巣鴨高校

生徒の指導の際に意識・工夫していること

・「なぜそうなるのか」を伝えられるよう努力しています。もちろんテストでの得点のためには解法のパターンを覚えるのが近道ですが、「なぜそこでこれを答えるのか」というような動機付けを一緒に理解することが記憶の定着だけでなく応用問題を自力で突破できるような思考回路作りにも役立てられると考えています。
・何通りかの別解を提示できるように意識しています。自分の性格に合った解き方があったり手間の量が比較できたりして効率の良い解き方の道筋が見つけやすくなると考えています。
・計算のテクニックを伝授できるよう努力しています。知っているのといないのとで時間が大幅に変わるような計算法は積極的に伝えようと考えています。
・理解できるまで粘って指導しようと努力しています。言い方を変えたり具体例を出したりして頑張っていますが、それでも分からなかったらごめんなさい。

 

受験生時代のエピソード

現役時代はセンター試験後の過ごし方で失敗したように思います。そんな人はいないかもしれませんがセンター後の開放感や第一志望の受験日が遅めだったことなどで気が緩んでしまうと危ないです。自習室に行ったり直前講習を受けたりしましょう。落ちた再現答案を書くのがとても辛かったです。
浪人時代は一日の勉強スタイルを変えずに本番に臨んだのでまるで模試であるかのように受験し、結果的には自分の実力が等身大に出た気がしました。「いつも通り」というのがミスを少なくするのに有効だった気がします。浪人を許してもらえたらの話しですが浪人すると勉強内容がほぼ理解できるため謎の全能感に包まれそれはそれで有意義に思えたのであまり浪人を恐れることはありません。同学年が先に行ってしまうのは寂しいですが大学生にもなると1年差は誤差のように思えました。ゆっくりと自分を見つめる機会があると良いと思います。

 

今の大学生活について

大学では好きなことを自分で選んで勉強することができます!!もう嫌いなあの教科とはおさらばです。必修のコマが邪魔して好きなことが出来ないかもしれませんが気にしてはいけません。授業でも様々な出身の人たちとかかわることはできますが、部活やサークルに入るともっと親交を深めることができます!学校に部室があると拠点ができて何かと役に立ちますよ!大学の長期休暇はとても長いです。バイトするもよし、旅行するもよし、とても自由に過ごせます。「夏休みの宿題」ともおさらばできます!!スバラシイ!!

 

将来の夢について

機械情報工学科に進学する予定なので社会や生活に役立つロボットや補助機械を製作したり、男のロマン的なものを詰め込んだメカを作りたいと考えています。

 

受験生に向けての応援メッセージ

出来なかったことを出来るようにするという作業を淡々とこなしていけばいつのまにか合格していると思います。おそらく誰にとっても難しい問題は難しいでしょうし易しいものは易しいでしょうから、易しいものは手堅く処理し難しいものには食らいついていけば何も恐れることはありません。大学での1年や2年なんてあっという間ですから今のうちにやりたいことをぼんやりとでも考えておくといいと思います。
悔いのないように頑張ってください!!!

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852