大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.18 「relation / relationshipの違い」

2015年5月27日

Q.「関係」という二つの単語、relationとrelationshipの使い方は同じだと思ってもいいのでしょうか?

A. 両者が同様に使われるケースもありますが、基本的な意味の違いは知っておく必要があると思います。次の三つのことを頭に入れておいてください。
① relationは単なる「関係性」や「因果関係」などを表す。
② relationsは国際関係など利害関係を含む「相互関係」などを表す。
③ relationshipは一般的な人と人との関係のような、「感情的なつながり」を表す。
具体的な使用例を次に挙げてみます。
 Ex.1 There is no relation between crime and poverty.
 (犯罪と貧困とは無関係である。)
 Ex.2 Japan should maintain good international relations with developing countries.
 (日本は発展途上国の国々とのよい国際関係を維持すべきだ。)
 Ex.3 The close relationship between the coach and the players broke down.
 (そのコーチと選手たちとの密接な関係が崩壊した。)
質問の2つの単語は、friend(友人)とfriendship(友情)の関係に近いと思います。次の例文をみてください。
 Ex.4 “What is the relation between you?” “Just friends.”
  (君たちどういう関係?)(単なる友達だよ。)
 Ex.5 “What is the relationship between you?” “Just friendship.”
   (君たちはどういう付き合いなの?)(単なる友達付き合いだよ。)
このように-shipは「精神的なつながりを含むものだ」ということだけでも覚えておくとすっきりすると思います。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852