大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.64 「 unlessの語法 」

2016年4月25日

Q. 1993年のセンター試験の問題で
I’ll be surprised (  ) an accident. He drives too fast.の(  )に入る選択肢 ①if Tom doesn’t haveと④unless Tom has で正解が①である理由がよく分かりません。“unless ≠ if notのケースがある”と解説にはありましたが、よくわかりません。

A. 受験英語ではunless = if notというところまでで知識が止まっている受験生も多いのではないかと思います。しかしif notにはunlessで置き換えることができない場合があります。下の二つの例文のA [ ]とB [ ]の関係をよく考えて見てください。ちなみにEx.1はunlessでは置き換えられないケースで、Ex.2がif not = unlessのケースに当たります。
 Ex.1A [ I’ll be surprised ] if B [she doesn’t win].「彼女が勝たなければ驚きだ。(きっと彼女が勝つと思う)」
 Ex.2 A [ I’ll be back tomorrow ] if B [ I don’t miss the plane ]. 「もしその飛行機に乗り遅れなかったら明日帰ります。」
まずEx.1 (if not がunlessに置き換えられないケース)ですが、ここではB「彼女は勝たない [ she doesn’t win ] 」が A「私は驚く [ I’ll be surprised ] 」行為の原因・理由になっています。この様な場合にはunlessでは置き換えられないと考えてください。一方、同じようにEx.2のケース(if not = unless)を見てみると、B「私が飛行機に乗り遅れない [ I don’t miss the plane ] 」はA「明日帰る [ I’ll be back tomorrow ] 」の条件であって、理由にはなっていません。こういう場合にはunlessも使えるということです。
 また別の角度からEx.2を見てみると、A「明日帰る [ I’ll be back tomorrow ] 」という「既定事実」があって、Bでは付加的にその「既定事実」が実行される条件B「私が飛行機に乗り遅れなかったら [ I don’t miss the plane ] 」を述べるという形になっています。この場合のif notとunlessがexcept if ~(~という場合を除いて)の意味で使われているということにも注意してください。つまりI’ll be back tomorrow(私が明日帰るの)はexcept if I miss the plane(私がその飛行機に乗り遅れる場合を除いて)という考え方です。このように別の識別法としては、if not ~がexcept if ~の意味になる場合にはunless = if notだともいえます。
 以上のことを踏まえて、今回の質問にもどりますと、まず“He drives too fast.”という英文から “彼は車の運転が乱暴だ”ということ、つまり“事故を起こさないのが不思議だ”ということが前提になっています。そして問題文I’ll be surprised ( ) an accident. で、if Tom doesn’t have an accident(トムが事故を起こさないなら)がI’ll be surprised(私は驚く)の原因になっています。このことから今回の質問の英文はunlessが使えないケースだということが分かります。つまり①の選択肢が正解だということです。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852