大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アレコレつまみ食い国語‐単語の意味を推測しよう!⑧<解説編 後編>‐

2016年9月21日

《解説》‐先週の続き‐

『月日経て、若宮(宮中に)参り 給ひぬ。』

 

今週は、「給ひ」の部分を考えていきましょう。

敬語の「給ふ」には複数の用法を持っています。

 

①本動詞の「給ふ」

尊敬語で「お与えになる」という意味を持っています。

②補助動詞の「給ふ」

用言(動詞・形容詞・形容動詞)の連用形につき、補助的に敬意を添える役割があり

尊敬語(お~なる・~なさる)と謙譲語(~申し上げる)

の2種類あります。

 

この文章の「給ふ」は①②のどちらでしょうか。

「参り給ひぬ」

見てみると、「給ひ」の前が「参り」という尊敬語「参る」の連用形がきているので

この「給ひ」は補助動詞ということがわかります。

では、尊敬か謙譲か、見分けるためにはどうすればよいのか。

大きな違いの1つが、「活用」です。

 

尊敬の補助動詞の「給ふ」・・・四段活用

給|は|ひ|ふ|ふ|へ|へ

謙譲の補助動詞の「給ふ」・・・下二段活用

給|へ|へ|〇|ふる|ふれ|〇

よって、「給ひ」の形をとっているということは、四段活用の尊敬の「給ふ」の連用形とわかります。

 

それでは、敬意の方向を考えましょう。

尊敬ということは主語を高めるので、「給ひ」の敬意の方向は

作者から 若宮へ

ということがわかります。

いろんな知識を揃えて、初めてきちんとした読解ができます。

文法をおろそかにしないようにしましょう。

 

 

 

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852