大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.87「bringとlead」

2016年10月10日

Q. 今回は前回No86の続きになります。
①A few minutes’ walk brought him to the station.のbroughtを「led ( lead)に置き換えられるか」という質問についてです。

A. 前回は「broughtをtookに置き換えることはできるか」という質問でしたが、それについては、bringとtakeでは意味あいは異なるものの形式的には「置き換え可能」とお答えしました。今回も前提としては「主語+V+目的語+to場所」の構文においてということになりますが、leadに関しては特別に、主語が「人称主語」の場合と「無生物主語」の場合に分けて考えてみる必要があります。「人称主語」の場合には特に問題なくbringとleadは置き換えることができますが、「無生物主語」が来た場合にはそれなりの「制約」があり、一概に「置き換え可能」と言うことにはなりません。下の例文は「人称主語」で、この場合には文型はもちろんですが意味も含めてほぼ同じと考えても良いと思います。
 Ex.1 He brought me to this office.
 Ex.2 He led me to this office.
 
「彼が私をこの事務所に連れてきてくれた」
問題は「無生物主語」が来た場合です。まず「置き換え」可能な場合をみてみます。
 Ex.3 The path brings me to the top of the hill.=The path leads me to the top of the hill.
 「この小道を行くとその丘の頂上に着く」
このような「無生物主語」で「置き換え」が可能な場合、その主語に来る語がほとんどの場合「道・経路」で、しかも主語が目的地である「場所」に“自動的に直結していくようなイメージ”と考えてもらえれば分かり易いかと思います。このケースでは主語が無生物でも、bringをleadにそのまま置き換えることができます。また、この(無生物主語)場合には下の英文のように、目的語を省いて書き換えることができるのも特徴です。
 Ex.4 The path leads to the top of the hill.
このleadの「無生物主語」の説明を踏まえて、もう一度今回の質問の英文①を見てみましょう。この①の英文の動詞をledに変えてみると、
 Ex.5 ×A few minutes’ walk led him to the station.
このEx.5の英文は成り立ちません。それはA few minutes’ walkとthe stationの間に何らかの“直結するイメージ”がもてないからです。
 結論としては、「無生物主語」の場合bringをleadに置き換えることはできるのは、「主語」と「到達点」がいわゆる“直結するイメージ”がもてるかどうかということです。
 ここ2回に亘ってbring, take, leadについてお話ししましたが、少し“重箱のすみをつついた感”はありますが、基本を理解してもう一度きちんと整理して置いてください。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852