大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.95「visit there」

2016年12月5日

Q. ①This is a famous temple, and a lot of people visit there every year.「ここは有名なお寺で、 毎年多くの人々がおとずれます」この英文のvisit thereについて質問があります。visitは直接目的語をとることを考えるとvisit thereではなくvisit it (=the temple) が正しいと思うのですが。またvisit thereが正しいとすれば、質問文を一文に直した時には下のような間違った英文になってしまいます。この二つについて質問します。②×This is a famous temple where a lot of people visit every year.

A. まず最初の質問のvisit thereについてですが、これはこれで問題ありません。もちろんvisit itも使えます。つまり、visitには他動詞と自動詞の使い方があって、他動詞として使えばvisit it (=visit the temple) になりますし、自動詞として使えばvisit there (=visit at the temple) となると考えればいいと思います。なおthereの方が感覚的に場所を意識し易いということもあって、逆にvisit thereの方が一般的だとも言えます。参考までにもう一つ例文を挙げておきます。
 Ex.1 He went to Tokyo and then left there for Hawaii.
これも自動詞、他動詞で説明できるでしょう。つまりleft there = left from Tokyoとでもなるでしょうか。どうでしょう、left thereのほうがleft itよりもしっくりくるのではないでしょうか。
 次に②英文についてですが、質問者はこれを誤文と指摘していますが、visit thereが可能である以上、この英文は誤文とは言えません。もちろんwhereよりもwhichのほうが一般的であり、我々英語学習者はwhichで理解しておくべきだとは思います。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852