大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

0120-05-1859

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入試英語 「目からウロコ」クイズ3

2019年3月18日

Q. 次の①~③の(  )の中に接続詞のas, since, becauseのいずれか適切なものを入れてみてください。
① ( ) he had overslept, he was late for school.
② A: “I’m very busy. I can’t help you.”
 B: “( ) you can’t help me, I have to do it myself.”
③ ( ) he is a married man, he has to think of the future.

A. ☰解説☰
今回は理由を表す“御三家” as, since, becauseに関しての問題です。
「理由」には「直接的な理由」と「間接的な理由」の二つがあります。ここに挙げた三者のうちbecauseとsinceは直接的な理由(因果関係が強い)の場合に使用し、asは間接的な理由、すなわち因果関係が弱くそれも原因の一つといったような場合に使用すると考えてください。上の①~③の英文を以下で解説してみましょう。
 ① ( ) he had overslept, he was late for school. 「寝坊したので、学校に遅れた」
 ② A: “I’m very busy. I can’t help you.” 「私はとても忙しくて、あなたを手助けできません」
  B: “( ) you can’t help me, I have to do it myself.” 「あなたに手伝ってもらえないなら、自分でやるしかありません」
 ③ ( ) he is a married man, he has to think of the future. 「彼は既婚者なのだから、将来のことを考えなければならない」
①の「寝坊したので」と「学校に遅れた」は強い因果関係で結ばれていますが、②の場合はいかがでしょうか。「あなたに手伝ってもらえないのなら」と「自分でやるしかありません」には因果関係はあるものの、①とは違って「あなたに手伝ってもらえないなら」はすでに述べられている事実を繰り返したのにすぎません。つまり①の「寝坊したので」は新情報で、②の「あなたに手伝ってもらえないなら」は旧情報、既知情報ということになります。これがbecauseとsinceの違いです。つまり①の新情報ではbecauseを使い、②の旧情報、既知情報ではsinceを使うということです。ちなみに、理由を表す接続詞のなかで、強調構文(It is ~ that ….)の~の部分に使えるのが唯一becauseだけなのも、この「新情報について使う」という特徴があるからです。最後に③ですが「彼は既婚者なのだから」と「将来のことを考えなければならない」との間にはどのような因果関係が成り立つのか。文意を別の言い方で表せば「彼は将来のことを考えなければいけない。だってもう結婚もしているし、それに…」となります。つまり「彼は既婚者なのだから」の部分はあっても無くてもよいくらいの付け足しで”一つの理由ではありますが”といった程度の因果関係ということです。このような時に使うのがasということです。

【解答】① Because ② Since ③ As

 

まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-05-185903-5459-1852
  • メールでのお問い合わせ