大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

数学

東京都渋谷区にある予備校apsの数学授業内容と講師についてご案内します。

数学 授業内容

数学

レベル別授業とチュータークラスのダブル習熟!
数学は18段階に分かれたレベル別クラス編成で、英語同様、原則的に無学年制授業です。演習主体の“入試レベル”が4段階、“教科書~センター試験レベル”も4段階に分かれています(その他のクラスもあります)。
クラス配属は、予備校入校時に実力判定テストをおこなって習熟度を把握し、学校での進度などを相談したうえで決定します。
教科書レベルのクラスでは、講義主体の授業で理解度を深めていきます。また授業とは別にチュータークラスを用意し、授業内容や課題の疑問点を質問できる他、学校の教科書、参考書などがすべて持ち込み可能で、細やかな解説やフォローを何回でも受けることが可能です。

※上記ファイルをご覧いただけない場合は、最新バージョンのAdobe Readerをお使いください

数学 授業詳細 & 講師紹介

東京都渋谷区の予備校apsで数学を教える講師陣の紹介と授業内容の詳細です。

原講師(教科主任)

Profile
【座右の銘】
苦あれば楽あり
Message
日々の自習用教材として、問題集と参考書を選びます。問題集は学校用として「クリアー」「4ステップ」「体系数学」「メジアン」「オリジナル」などいろいろありますが、まずは自分の学校で使用しているものを使いこなしましょう。一方、参考書は基本的に「青チャート」がいいと思います(なるべく新課程のもの)。
その問題集と参考書は必ず併用します。問題集で演習をおこなう際に、青チャートは辞書のように使います。問題集で解けないときは、すぐに解答を覗かず、青チャートの関連項目で「公式とその使い方」や「解法パターン」を参考にして解く(真似る)習慣を身につけましょう。また、自力で解ける自信があっても、一応、青チャートで確認することも大切です。
この方法で問題集を2~3回、丁寧に繰り返し演習する頃には、受験数学における「基礎学力」と「自己解決能力」を身につけることができます(第1段階)。その後は、個々の「実力と志望」を考慮して必要な勉強方法(第2段階)を個別にアドバイスします。

ⅠA・ⅡB(Ⅲ)入試実戦対策レベル

授業概要 第一志望校のレベルに合わせた授業。予習は必須で講義中心の授業。
習熟度に応じてテストゼミと課題を実施する。
クラス(レベル) 【主に中堅私大(中央大など)】V5、【主に中堅~上位私大(理科大など)】V6、【主に中堅国立大学・早慶(理工)など】V7、【主に東大・東工大・上位大医学部など】V8

 

Ⅲ 入試対策レベル~入試問題研究

授業概要 Ⅲを中心に単元別の講義をし、基礎力の定着を図り(D3)、習熟度に応じて入試対策をおこなう(D4)。
また、同時に数学ⅠA・ⅡBの関連分野の強化を図り、隙間をチューターで埋め総合力を養う。
クラス(レベル) D3、D4

 

■日向講師

Profile
難関大数学。
Message
受験数学、特に記述形式の場合で大事なことは、「いかにして確実に途中点・部分点を稼ぐか」にあります。他の科目に比べて点数の上下が激しい数学において、「常に安定してそこそこ高い点数をとること」は合格への大きな一歩になります。

そのための手順―与えられた条件を整理し、目的(=答え)を意識したうえで解答を作る―それは論理的な思考力を養う意味でも、また重要なことです。

志望校に合格し、その後の将来の助けにもなる。そのような数学を勉強しましょう。

■白石講師

Profile
難関大数学。
Message
受験数学、特に記述形式の場合で大事なことは、「いかにして確実に途中点・部分点を稼ぐか」にあります。他の科目に比べて点数の上下が激しい数学において、「常に安定してそこそこ高い点数をとること」は合格への大きな一歩になります。

そのための手順―与えられた条件を整理し、目的(=答え)を意識したうえで解答を作る―それは論理的な思考力を養う意味でも、また重要なことです。

志望校に合格し、その後の将来の助けにもなる。そのような数学を勉強しましょう。

ⅠA・ⅡB 教科書~入試入門レベル

授業概要 基礎力の定着を図り(V1・V3)、習熟度に応じて入試対策をおこなう(V2・V4)。
V1・V2は授業完結タイプの授業なので、学校の勉強をチューターで強化し両立を図る。
クラス(レベル) 【ⅠA】V1・V2、【ⅡB】V3・V4

 

■松井講師

Profile
数学 【モットー】
焦らず、急がず、丁寧に
Message
「問題文から解法を読み取る」これこそが合格解答の近道です。最小限の力で最大限の成果を出すことが大切です。公式もただ単に覚えるだけでは苦痛で,受験数学では効果が発揮されません。如何にコンパクトに公式を導き出せる(証明できる)ことを覚えると数学が面白くなり,いつの間にか数学が好きになりますよ!ここapsではそんな授業を実施しています!

授業の時間割はこちらで確認できます。全教科の時間割(pdfファイル)
※上記ファイルをご覧いただけない場合は、最新のバージョンのAdobe Readerをお使いください。

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852