大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

センター試験廃止&新テストについて(2)

2015年5月29日

~「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」は複数回受検が可能(前編)~

 

「センター試験」は毎年1月の実施。現役生が高校在学中に「センター試験」を受けることができるのは、この1回だけです。

これに対し新たに実施される「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」は、年に複数回実施することが検討されています。ただし、具体的な回数や実施時期については、まだ明らかにされていません。また、試験の形態自体もこれまでの筆記試験ではなく、コンピュータ端末を用いた試験方式(CBT方式)での実施を前提として検討を進めることになっています。

※新テストを受けることを「受検」と呼ぶ。

 

「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」は実質的に「センター試験」のかわりとなるテストです。

中教審答申では「高等学校基礎学力テスト(仮称)」と「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」は、学力の高低による区別ではないとしていますが、現実的に考え、「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」のほうが、より難易度の高い問題が出題されることになるでしょう。

 

*********************************************************************

大学入学希望者学力評価テスト(仮称)は・・・

・「知識・技能」を単独で評価するのではなく、「思考力・判断力・表現力」を中心に評価する。

・「教科型」に加えて、現行の教科・科目の枠を越えた「思考力・判断力・表現力」を評価するため、「合教科・科目型」「総合型」の問題を組み合わせて出題する。

・将来は「合教科・科目型」「総合型」のみとすることを目指す。

*********************************************************************

 

>>>check!<<<

繰り返し述べられている「『思考力・判断力・表現力』の重視」が、センター試験や『高等学校基礎学力テスト(仮称)』とのもっとも大きな違いで、「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」の最大の特徴と言ってもいいでしょう。

 

 

>>>check!<<<

気になるのは「合教科・科目型」「総合型」の問題とはいったいどんなものなのか・・・ということです。答申では「教科を越える思考力・判断力・表現力」の例として、次のことを挙げています。

(つづく)

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852