大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

No.60 「 <A of +B>と<A + of B> 」

2016年3月28日

Q. ①There is three pounds of butter.ではis → areが正解だということですが、②There is a lot of butter.ではisなのに、この違いがわかりません。

A. 今回の質問は、three pounds of butterがthree pounds of + butterなのか、three pounds + of butterなのかが問われている問題だと考えると分かり易いと思います。<A of B>が主語になる場合の修飾関係には次の二通りがあります。1) [ A of ] が[B ]を修飾するケースと2) [ A ]を[ of B ]が修飾するケースです。1)のタイプはa lot of, a couple of, a number ofなどで、この場合の動詞は[ B ]の数に一致します。
 
 Ex.1 There is a lot of [ butter ] left in the container.(バター入れに沢山バターが残っている)
 Ex.2 A couple of [ girls ] were running in the park.(二人の女の子が公園を走っていた)
 Ex.1のisはbutterをうけ、Ex.2のwereはgirlsを受けています。
一方2)のタイプはa cup [ ~ cups ] of, a pound [ ~ pounds ] of, a ton [ ~ tons ] ofなどで、この場合の動詞は[ A ]の数に一致することになります。
 Ex.3 There were two [ cups ] of coffee on the table.(テーブルの上にコーヒーが2杯おいてありました)
 Ex.4 Ten [ tons ] of fish were caught this year.(今年は10トンの魚が水揚げされた)
Ex.3もEx.4の動詞も、それぞれtwo cupsとTen tonsに一致しています。つまり、今回の質問の答えはthree pounds of ~がこの2)の“[ A ]を[ of B ]が修飾するケース”に当たるということです。
 このように<A of B>では“[ A of ] が[ B ]を修飾しているのか”それとも“[ A ]を[ of B ]が修飾しているのか”という見極めが大切になります。ただ[ A of ] が[ B ]を修飾する場合、この[ A of ]は一つのまとまりとして不定数を表すような慣用的なもの ( a lot ofやa couple ofなど)に限られますので、あまり神経質になる必要はないと思います。

 

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852