大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.110「want + [ 人・物 ] + to do」

2017年4月5日

Q. 「私は計画を再検討してもらいたい」の意味でI want a plan to be considered again.としたところa planはmy planかthe planとしないと意味が違ってくると言われました。
その理由を教えてください。

A.まず二つの文を比べてみましょう。
 Ex.1 I want a plan to be considered again.
 Ex.2 I want my plan to be considered again.
上のEx.1とEx.2を次のように二つに分割してみます。
 Ex.3 I want a plan / to be considered again.
 Ex.4 I want my plan / to be considered again.
Ex.3からお話ししますと、この英文では前半のI want a planの部分だけで意味が完結しているのが分かります。つまり「私は計画が欲しい(私には計画が必要だ)」という意味になり、to be considered againは付加的要素、この場合にはa planを修飾する「不定詞の形容詞的用法」となり、強いて全体の意味をとるとすれば「私には再考すべき計画が必要だ」となります。
 一方、Ex.4では前半部分のI want my plan(私は私の計画がほしい)だけでは意味
が完結しません。この英文ではmy plan がto be considered againの意味上の主語となり
my plan to be considered again全体が動詞wantの目的語となるような構文となっているのです。ですから意味としては、「私は私の計画が再検討されることを望んでいます→私は計画を再検討してもらいたいと思っている」ということになります。
 以上が今回の質問の解答ということになりますが、さらに簡単に言いますと、結局のところwantの目的語となる名詞が「限定」と「非限定」で意味が異なるということなのです。そしてこの構文が「(人・物)に~して欲しい」と言う意味になる時には、限定された名詞が目的語にくる必要があるということです。

 

個別説明会のお申し込み・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ

平日・土曜・祝日/13:00-21:00 日曜/13:00-18:00

0120-428-852