大学受験なら東京都渋谷区の予備校「aps」へ!合格エンジンつけます。

0120-05-1859

お問い合わせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受験英語教えて110番 No.160「as long as / as far as」

2018年4月23日

Q. 「あなたがそのバスに乗り遅れない限り、時間までにはそこに着きますよ」
① You’ll get there in time ( ) you don’t miss the bus. この(  )に入る接続詞としてはas far asとas long asのどちらが正解となりますか。どちらも「~する限り」という意味だと思うのですが。

A.ずばりas long asが正解です。
もともとas long as ~は「時間的限度」(Ex.1)を表わし、as far as ~は「距離的限度(Ex.2)」を表わすものです。
 Ex.1 You can stay here as long as you want to.「君はいたいだけ(期間)ここにいてもよろしい」
 Ex.2 There is snow as far as the eye can see.「見渡す限りの銀世界」
as long asはこのような本来の「時間的限度」の意味から転じて「そういう状態でいる限り→する限りにおいて(条件)」(…on condition that ~)を表す時にも使われます。
 Ex.3 You can take my car as long as you drive carefully.「慎重に運転する(という条件)なら私の車を使ってもいいよ」
同様にas far asも本来の「距離的限界(物理的範囲)」の意味から転じて「内面的程度の限界」を表すことができます。
 Ex.4 As far as I know, he is innocent.「私が知っている限りでは、彼は無実だ」
いずれにせよ、今回の質問の英文①は「バスに乗り遅れない限り(ならば)」という、まさに条件を表すことになりますから、「条件」を表すas long asが適当でしょう。
 このように同じ「~する限り」であってもas long asとas far asは完全に意味領域が異なりますので、“字面”にだまされることなく、その中身にしっかり目を向けるようにしてください。

 

まずはお気軽にお問い合わせください
  • 0120-05-185903-5459-1852
  • メールでのお問い合わせ